2007年01月22日

歪められた日本神話4

神話ツギハギ論者の忘れ物
 日本神話の権威といわれるような人たちが揃ってとっている態度が統合説のようです。これを読んでいて、何かしらの目的があって、わざわざ神話と皇室とを無関係にしたいという熱意?さえ感じられます。
今回もそれらに対する解り易い批判の書から引用して見ます。
 荻野貞樹著「歪められた日本神話」より、
画像は永濯画の神話物語より
eitaku2.jpg

引用開始
 神話の物語の中で、前後矛盾したところがあればこれは別々の話をくっつけたものだとする説を、でっち上げ説の中でも「統合説」と名づけていることは触れた。
 この統合説にはもう一つの型がある。
 それは、神話の物語を、話の要素ごと話素・話根ごとに、あるいはまた各神格ごとにできるだけ細分し分断してみせて、それら断片だった古い伝承を、のちに宮廷で統合したのがいま見る神話であるとする考え方である。各地、各氏族それぞれの独立した伝承から都合のよい部分をつまみ上げて、適宜つなぎ合わせたものが日本神話であるという考え方だ。「矛盾」はほとんど問題とならない。・・・・・

 さてこの種の統合論者の代表格というべき松前健氏の言うところものぞいてみる。松前健といえば、・・・・・日本の神話伝承のこととなればまずはこの人にうかがいをたててみる、といった存在である。・・・・
 松前流統合説は、まったく珍談に類するのだが、これが学界の主流であることを考えれば真剣に向かわざるを得ない。この種の統合説にはまだヘンなところがある。

 統合説の論者(日本のほとんどの学者)は、挙げたところだけでなく神話全体を徹底的に分断細分して、それぞれを各氏族集団、職業集団、地方勢力のものとして振り分ける。先に挙げた荻原浅男氏もそうだし、少し前の人だが三品彰英といったこの方面の権威者もそうである。

 アマテラスとスサノヲの姉弟神については、荻原氏は宗像氏の祭祀伝承だとするのだが松前氏はアマテラスは宗像氏、スサノヲは大三輪氏と分断する。神話で姉弟として語られる二神まで、それぞれ独立の別伝承とするわけだから少々驚かざるを得ない。これだとスサノヲがアマテラスの弟だという伝承は両氏族ともに持っていなかったことになるのだが、とにかく松前説ではそうなる。

 さらに天の岩屋戸神話は伊勢の漁民の神話だと言うし、アメノコヤネは中臣氏のものだと言うし、天孫降臨の随伴神の組織などは百済の帰化人から借りたものだというし、ホノニニギ以下日向三代は南九州の隼人族の神話だと言う、という具合だ。
 不思議な話ではないか。
 これは言い換えれば、「天皇家の神話など存在しなかった」ということだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の日本