2007年01月20日

歪められた日本神話3

切り貼り、ツギハギ、でっちあげ神話

 とにかく日本国の成り立ちを貶めるのが目的のような神話学者が多いのにはいやになります。これを元にして教えられるのですから、戦前からの神話になじんだ方々には驚きではないでしょうか。
 今回もそれらに対する解り易い批判の書から引用して見ます。
 荻野貞樹著「歪められた日本神話」より、
画像は米国教科書の挿絵、岩戸開き。アマテラスが自分の姿が鏡に写っているのを見ているところ。
iwato.jpg

引用開始
 ― むかしむかし、どこかから、なにやらわけのわからぬ乱暴な男がやって来て、おどしつけて国をよこせと言いました。大国主は承知しました ― ・・・・
 どこかの乱暴者に国を渡す約束をさせられた。
 たったこれだけの話を語り伝える集団などあり得ないことである。
ここで改めて注意したいのは、「強引な接合」ならば、交渉にやってきた男たちにはもともと名前がないということである。
しかし、素性が知れぬ名前も知れぬ男どもの話などは、長く人々に語り伝えられるということがあり得ない。桃太郎にしろかぐや姫にしろ、名前がないのでは文字通り話にならない。・・・・

 大国主という名前だけは現れるが、これは無名と同じである。なぜなら、これがアマテラスや天孫の話と無関係である以上、大国主がアマテラスの弟スサノヲの直系子孫ではあり得ないからである。これはほかのいかなる神々とも関係がない。
それなら何者であるか。何者でもありはしない。そこらのただのオヤジにすぎない。そんな話は伝承されることはないのである。
 
 互いに無関係な別々の話を、適当に切り貼り細工をしてくっつけたのが記紀神話だとするこの種の説を、私は上品に統合説などと名づけているが、実際は切り貼り、ツギハギのでっち上げ説である。
 国譲りと天孫降臨だけではない。古代史や古代文学の専門家はほかの部分についてもほとんど統合説である。例えば上田正昭氏は、スサノヲを論じて言う。

「高天原での荒ぶる行為と、中つ国でのまったく逆の荒ぶるものを平定する行動と、この神の行動はあまりに背反する。(略)なぜこのように矛盾する神語りとして、スサノヲの神代史が形づくられたのか」。

 といった問題の立て方をする。ここでもまた「矛盾」と「形づくり」の話となる。矛盾があるから新しい作文だとする例の説である。ちなみに国譲りの話がでっち上げられたのは和銅元年(708年)以後だとしている。古事記の完成は古事記の完成は和銅五年(711年)なのだが。
 さて上田氏がここで言っているスサノヲの荒ぶる行為というのは、次のような行為を指す。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本