2007年01月19日

歪められた日本神話2

神を忘れた神話学者

 今の日本では、ほとんどの神話学者が、日本神話を貶めるために様々の理由を創り出して、日本神話がでっち上げられたものだとした説を主流にしてしまいました。子供たちには、もっと素直にありのままを教えるのが大切ではないでしょうか。
今回もそれらに対する解り易い批判の書から引用して見ます。
 荻野貞樹著「歪められた日本神話」より、
画像はイザナギ、イザナミ(ボストン美術館蔵)
izanagi.jpg

引用開始
 古事記や日本書紀の特に神話部分を扱う人たちは、辻褄が合った話を見るとこれは辻褄が合うようにでっち上げたものだと言うし、どこか不合理不自然で食い違いのあるところを見ると、これは作り物こしらえ物だからだと言うことに決めているようである。だから彼らは「考える」必要がない。・・・・・

 記紀に書かれていて現に文字になっている事柄について頭から嘘だと言うのだから、その論文は読んでみてもあまり「学ぶ」という気分が起こらない。本分のほうもはじめから嘘でたらめと決めつけられた文書だから、学者の議論は多くの人を記紀神話から遠ざけるのに有効に働いた。
 考えてみれば、専門家がこぞって自分の専門への関心を人々から奪うことに熱心な分野というのは、ほかには一つもないのではないか。

 ・・・益田勝美氏は、国譲りの交渉が出雲で行われたのに天孫の降臨が筑紫であるというのは不合理で矛盾していると考える。私は別に不合理とも矛盾とも思わないが、しかしこれはまあ、ほとんど日本中の学者が矛盾だと思っているのだから、ここでは一応そうしてみる。
 さて、出雲での国譲り、筑紫への天孫降臨、これは矛盾である。そこまではいいとしょう。ところがここから話はおかしくなる。
 益田氏は、このような矛盾があるのはまったく別々の無関係な話を強引にくっつけたからだと言うのである。・・・
一応挙げておきたい。

「スサノヲの子孫である大国主(おおくにぬし)は出雲にあって国を治めている。子孫も栄える。そこにアマテラスの神勅がくだる。すなわち「豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国は、我が御子正勝吾勝勝速日天の忍穂耳の命の知らさむ国」というのである。オシホミミは天降ろうとする。
 ところがオシホミミは天の浮橋から戻ってしまう。そこで神々が協議し、アメノホヒを派遣する。
 ところがアメノホヒは大国主に媚びついてしまって復奏もしない。そこでアメノワカヒコが派遣される。そのアメノワカヒコも大国主の娘の魅力のとりことなり八年もの間復奏しない。アメノワカヒコには神罰が下される。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本