2007年01月18日

歪められた日本神話1

そこには皇室を貶めたい意図が?

 ご存知のように、日本の神話も戦後は全く教えられることがなくなっているようで、おまけに神話が否定されたり、政治的な、イデオロギー的な意図が入り込んでいるとしか思えない解説等が主流となってしまっているようです。
 今回はそれらに対する解り易い批判の書から引用して見ます。
 荻野貞樹著「歪められた日本神話」より、
shinwa.jpg

引用開始
 ところで、日本神話についてものを考えるということは、古事記や日本書紀や古語拾遺や風土記や、そうした日本古典を主要なテキストとして考えるということにほかならない。
 本来政治的な主張・思想の面の相違・対立などはまったくかかわりのないはずの世界である
 例えば芭蕉や西行、枕草子、源氏物語などの研究において政治的保守派と、例えばマルクス主義者との間に激烈な対立が起こるといったことは、時にはあるのかもしれないがあまり普通ではないのではないか。
 はじめにも触れたがまことに残念ながら、日本神話についてはなかなかそうもいかない。

 日本神話は、現存する皇室のいわば先祖を語る物語であり、そして話が「皇室・天皇」となれば、現在の日本人にとっては、ほとんど政治的立場を二分する指標ともなっているからである。
 天皇の存在というものをあまり認めたくない立場の人々は、どうしても日本神話などは近頃のこしらえ物にすぎぬという意見に身を寄せたくなる。軽蔑的・冷笑的に考えたくなる。逆の人は逆になりがちである。・・・

 こうした事態になっている理由は、あえて言えば皇室の現存という事実にある。いつとも知れぬ遠い昔の、神話に語られる神々の末裔という王家は、こんにち世界に日本の皇室をおいてたった一つもない。ほかはことごとく滅びた。エジプト、ギリシャなどには神の末裔である王家はたくさんあったが、みな滅びた。世界中に普通だったのだが全部滅びた。残ったのは日本だけである。

 しかもそれが政論の主題となりうる。これでは日本人の神話に向う姿勢にひずみが生ずるのもある程度いたしかたもない。諸外国の学者は、政治的立場などまったく意識せずに、淡々と日本神話の研究をしている。・・・
・・・例えば福永光司(京都大学名誉教授)氏の『道教と日本思想』において、記紀神話が戦後、朝鮮の資料との関連で研究が進んでいることについて「戦後の学界を特徴づける革新的な動向であり、戦前の皇国史観的なタブーと呪縛の打破に、大きく寄与しているといえる」としていることにはっきり出ているし・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本