2007年01月15日

朝日新聞の文革報道

先ずは文化大革命を道徳国家への道と評価

 私が学生の頃、朝日の紙面には紅衛兵の大きな写真が掲載され、絶賛のタイトルが躍っていたことを覚えています。あれは何だったのでしょうか。
文化大破壊を絶賛した朝日新聞の判断基準がいかにでたらめかがよくわかります。国民のレベルの方がずっと高いでしょう。社説などはもう止めなさい。
片岡正巳著「朝日新聞の戦後責任」より、そのころの部分を見てみます。
写真は当時の紅衛兵
紅衛兵.jpg
朝日が礼賛した文革の動画はこちらから。

引用開始
 1966年(昭和四十一年)に始まり、十年余も吹き荒れた中国の「文化大革命」が、如何に非人道的であり、非文化的どころか文化遺産まで破壊するすさまじい暴挙であったか、評価は定まっている。
 昭和四十一年五月二日付の社説は
「・・・・そこには、いわば“道徳国家”ともいうべきものを目指すとともに、中ソ論争の課題に答えようとする“世紀に挑む実験”といった意欲も感じられなくはないのである。今回の動きは、こうした観点からもとらえられねばならない」

 早くも朝日は“道徳国家”を目指す運動だと肯定的に受け止めたのである。当時、論説主幹は森恭三氏であった。氏はこの年に中国を訪問し、帰国して報告会を行い、その報告要旨が「文化フォーラム・ニューズ」の同年四月号に載った。・・・その中でこう述べている。

「中国は長年、四書五経を生活の規範としてきました。この四書五経を現在、毛沢東主義におきかえ、精神主義で人民を引張っていこうとしている。そればかりでなく、人間を改造とようと試みている。ここにソ連とは違った中国的な発想法と人間観がある。そして若干の抵抗はあるにせよ、現在のところ相当成功していると私は観察したのです。一般論としても、共産主義者が非共産主義者とちがった倫理観、道徳観をもっていることは、いうまでもありません。・・・・私は中国を『一種の』道徳国家として客観的に評価している

・・・・それにしても「客観的評価」というものはあり得ない。評価は主観的である。
 昭和四十二年四月二十日付の<人民解放軍を見る>という栗田特派員の一文。
「たっぷり七時間半の“半日入隊”―― 解放軍の兵士たちと昼食を共にし、迫撃砲の実弾射撃を見たのは、日本人記者としては恐らくはじめての経験であろう。『毛沢東思想で武装された解放軍』の姿を通じて“文化大革命”を理解してもらいたいというのが、中国側のねらいだったようだ」・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日マスコミ