2007年01月12日

朝日プラウダ日本版時代

激越な「北方領土の日」反対論

片岡正巳著「朝日新聞の戦後責任」より、昭和五十年代、朝日が一党独裁の超国家主義で共産主義の総本山ソ連への傾斜を露にしていた頃を見てみます。
写真は、スパイ、レフチェンコ氏の単独インタビューを掲載したリーダーズ・ダイジェスト
レフチェンコ.jpg

引用開始
 昭和五十六年に政府が二月七日を「北方領土の日」とすることを決めた時には、(二月四日)社説で
「1855年のこの日、下田で日露通好条約が締結され、日露両国の国境を択捉島と得撫(うるっぷ)島の間に決めた。四島が両国の平和的な話し合いで日本領土と認められた歴史から見て、『北方領土の日』を選ぶとすれば、妥当な日取りといえる」とし、「ソ連は、返還運動を『一部の策動だ』と非難している。これは誤っている」とした。

 だが、「しかし他方、東西の緊張が高まり、内外に右旋回が著しくなるなかで、『北方領土の日』をテコとした国民運動が誤った方向に曲げられたら、所期の目的を達せられなくなるおそれがある」「いたずらに『ソ連脅威論』であおったり、右傾化へのバネに利用してはならない。現状ではその危惧がないとはいえない」と、衣の下に本音が透けていた。

 そして、初の「北方領土の日」を翌日に控えた二月六日の「論壇」に<「北方領土の日」取り下げよ>という東海大学総長だった松前重義・日本対外文化教会会長の激越な一文を掲載したのである。それは、
「鈴木内閣が、閣議で『北方領土の日』を決定したことは、日本の対ソ外交における大きな失敗である」と非難するもので、その理由は「この決定は、改善の機運が高まった日ソ関係を再び緊張においやるだけではなく、肝心の『北方領土』問題の解決を一層困難なものにするからである」と言うにあった。

 国後、択捉、色丹の三島にソ連がわがもの顔で軍事基地を増強し、北方漁場では日本の漁業者が苦汁をなめている緊張のさ中で、日ソ関係は「改善の機運が高まっ」ているとは、超弩級の親ソ派でなければ口にできない言辞である。なにせ松前氏は、朝日と提携して、ソ連のレーニン革命六十周年を盛大に祝う事業を行ってさえいる。

 しかして松前氏は、ソ連との相互信頼こそが北方領土問題解決の前提だと強調し、にもかかわらず日本政府は、ソ連を刺激する「北方領土の日」を設けて、自ら信頼関係を壊すことをしたと言い、これは「日本政府が『北方領土』問題の解決を事実上放棄する宣言であった、と理解している」「閣議決定によって、『北方領土』を永久に残し、日ソ間の緊張を継続し、軍国主義への道を開こうという意図ではないだろうか」とまで激しく難詰した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日マスコミ