2007年01月09日

ハルの予防戦争

民主主義国の根本的な弱み

日本では「ハル・ノート」で有名なコーデル・ハルの考え方と、ドイツ、ソ連、日本等の情勢把握の模様を「ハル回顧録」の中に見てみましょう。
hull.jpg

引用開始
 当時(1930頃)英仏の力ははるかに勝り、ドイツははるかに劣っていたのであるが、どうしてドイツが優越の地位を占め、ひいては英仏の存在までもおびやかすようになったのだろうか。
 これは世人がいつまでも疑問とする問題の一つであるが、その理由は、英国もフランスもわざわいを事前に防ぐための戦争をしようとしなかったことにある。
 英国における孤立主義的な気分の強さは米国に劣らなかった。フランスが1923年にルールに侵入したのは予防手段をとろうとしたものであったが、これは英国のはげしい反対を招き、ポアンカレー内閣はこのためにつぶれてしまった。その後フランス政府は予防戦争に乗り出す勇気を失ってしまった。

 ここに民主主義国ないし人民が重要な発言権をもつ政府の根本的な弱みがある。こういう国はいろいろの面ですぐれた面を持ってはいるが、不幸なことに外からの危険が目の前にせまった場合、ゆっくりと、あまりにもゆっくりと行動するという伝統をもっている。純粋な民主主義は、アテネの市民が文明への貢献としてつくり出したものであるが、この小さな国の国民は、外からの危険がせまった時に、戦うべきかどうかを人民投票に問おうとした。この指導性の不足、政府当局の指導ということに考えの足りなかったことが、アテネ人をとらえて奴隷にしようとした侵略者の乗ずるところとなったのである。・・・・

※日ソ不可侵条約締結
 ヒトラーがソ連を攻撃するだろうということは半年も前からわれわれは有力な証拠を持っていた。だから六月二十二日の知らせ(ヒトラーのソ連侵入)にもわれわれは驚かなかった。
 1941年1月、ベルリン駐在商務間のサム・ウッズから私に極秘の報告が届いた。ウッズは一人のドイツ人の友人を持っていた。この友人はナチスの反対者だったが、ドイツ政府の各省、中央銀行、党の高級幹部などに深く食い入っていた。この友人が、ヒトラーの司令部で、対ソ戦の準備についての会議が開かれているということをウッズに知らせたのは1940年8月のことであった。・・・・

 私はこの報告の内容をソ連大使ウマンスキーに伝えさせることにした。私はそうすることが、米国がソ連に対してとるべき正しい態度だと確信した。私はそのころ私の要請に応じて米ソ両国の意見の食い違いを調整するために、何回もウマンスキーと会談していたウェルズに、この情報をソ連大使に伝えるように頼んだ。ウェルズはその通りにした。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中のアメリカ