2007年01月07日

石橋湛山の新聞批判

真の自由人、石橋湛山の新聞批判

ご存知の稲垣武氏著「朝日新聞血風録」から、東洋経済新報社時代の石橋湛山の言動についての部分がありましたので、掲載してみます。
写真は石橋湛山内閣、岸信介外務大臣、池田勇人大蔵大臣が見えます。
ishibashi.jpg

引用開始
・・・湛山の言論はその後も一貫して変わらなかった。日独伊三国同盟締結に当たっては昭和四十年十月五日付の社説「日独伊同盟の成立と我が国官民の覚悟」で、

「世間には、新聞に現るる欧州の戦況を読み、その戦争は、間もなく独伊の全勝を以て終結するかに思う者も少なくないであろう。・・・けれども実際の戦局が果たしてどう転回するかは、そう易くは予断できない」
 と安易な「バスに乗り遅れるな」論に警告し、米英との摩擦激化を予測している。

 この間、湛山はさまざまな弾圧を受けた。内閣情報局から厳重な注意を受け、削除を命じられることもしばしばあった。社内からも湛山を社長の座から退けて軍部に協力しようとの動きもあった。しかし湛山は、
「新報社の伝統も主義も捨てて、軍部に迎合するくらいなら、自爆して滅びた方が、遥かに世のためになり、新報社の先輩の意志にもかなう」と信じ、断固として節を曲げようとしなかった。同じころの大新聞各社の首脳の覚悟とは月とスッポンではないか。

 湛山こそ、真の自由主義者だったと言えよう。だからこそ不撓不屈の姿勢を貫けたのだろう。「ファッショに対抗する」ために近衛新体制に積極的に協力し、ミイラ取りがミイラになった大新聞の論説委員諸公とは雪と墨だ。その湛山が当時のマスコミをどう見ていたか。二・二六事件直後の三十六年三月七日付の社説「不祥事件と言論機関の任務/建設的批判に精進すべし」を読もう。

「彼等は口を開けば言論の不自由を云う。なる程、現代日本において言論の自由のないことは、同じく筆の職に従うところの記者(湛山自身)が何人よりもこれを心得ている。しかしながら世には現在の言論の許される程度において、言論機関が報道し、批判しうることが山ほどあるのである。強力なるものの前には筆を投げながら、弱いものに対して飽くまで追求するのは言論不自由とは関係ないのである。又一方的な報道をなして性急な暴力主義に拍車をかくるのは言論不自由からではないのである。」

 湛山はさらに「言論自由は言論機関が自ら闘いとるべしである。現時の言論機関の有力さを以てして、協力さえすればそれができないわけではない。言論自由が不足しているのは、彼等にこれを得んとする熱意がないからなのだ」と喝破し、
続きを読む
posted by 小楠 at 13:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 反日マスコミ