2007年01月04日

百人斬りも大嘘

中国側の「上訴申弁書」

当時の朝日新聞の報道も見て下さい。

 多くの方がご存知の「百人斬り事件」についても、鈴木明著「新『南京大虐殺のまぼろし』」から引用してみます。
画像は陥落後の南京での治療活動 kanraku.jpg

引用開始
 ティンパーレーが書いた『戦争とは何か』の最後の部分には「南京での殺人競争」という項目があった。東京にいたアメリカ側検事官が、このことを見逃すはずはない。・・・
 この記事に関連した東京日日新聞の記者は、検事側事務官に呼ばれて事情聴取を受けたが、日本人記者は、「これは当時の“戦争において読者の戦意高揚をはかるため”に書いた記事で、私は当人から話はきいたが、その現場を見たわけではないし、すべて伝聞である」と答えた。・・・
 その上、「南京地方法院首席検察官」の陳光虞から送られてきた供述書にも、「百人斬り」の話は出ていなかった。

 どちらにしても、アメリカ当局はこの「百人斬り」については、「東京裁判」の本裁判では無論のこと、個人の犯罪を裁く「戦時法規を無視したC級裁判」としても、このことを立証し、有罪に持ち込むことは不可能であると判断し、起訴はしないことにした。
 これから数ヶ月経って、向井、野田両名に対して、中国側から「容疑者引渡し」の要求がきたのである。・・・・

 ただ、僕は「前作」の中で、奇蹟とも思える中国側の資料を、向井、野田両名の遺品の一つとして紹介した。・・・・これは内容からいっても文章からいっても、明らかに、弁護人崔培均が書いたものであり、「陳某」が日本語に翻訳したものである。・・・・
 以下は「上訴申弁書」本文を「現代日本語」に訳したものであり、カッコ内は鈴木の註である。

 「被告向井敏明と野田毅は、民国三十六年十二月十八日に、国防部審判軍事法廷で、死刑を即決されました。しかし、この判決に不服がございますので、左の通り上訴申弁書を提出致しますので、再審をお願い申し上げます。
続きを読む
posted by 小楠 at 10:02| Comment(8) | TrackBack(1) | 書棚の中の中国