2007年01月03日

ティンパーレーの正体

ティンパーレーは国民党中央宣伝部の顧問だった

 最近アメリカでいわゆる「南京大虐殺」の映画が製作されるというニュースがあり、未だに中国の大嘘を世界に蔓延させるという事態に、日本としても徹底して抗議をする必要を感じます。
当時の朝日新聞の報道も見て下さい。
鈴木明著「新『南京大虐殺のまぼろし』」から引用してみます。
写真は大虐殺真っ最中の南京の様子です。拡大可
kanraku01.jpg

引用開始
 ティンパーレー(田伯烈)の『外国人の見た日本軍の暴行』、この史料は「南京大虐殺」を語る上で、戦前から、特に中国では有名になった本といわれ、「東京裁判」でも、「南京難民区」の実状を語る証人に選ばれたのは、この本でティンパーレーに手紙を送った人たちであった。
 しかし何故か「東京裁判」にティンパーレーが呼ばれることはなかった。そればかりではなく、ティンパーレーがどのような人であるかは「マンチェスター・ガーディアンの記者である」という以外は全くわからず、僕はイギリス、アメリカ、オーストラリアの人名辞典を頼りに、ティンパーレーなる人物を探しまくったが、どの人名辞典にも「Timperley」の名はなかった。

 僕が、ティンパーレーの原著作と思われる『What war means : The Japanese terror in China 』と、その最初の中国語訳と思われる『外国人目睹中之日軍暴行』を初めて発見したのは、全くの偶然であった。・・・・
 何回目の中国旅行のときであったか、A君(中年のガイド役)はある日、七百頁ぐらいの『近代来華外国人名辞典』(中国社会科学出版社、1981年12月出版)の奥付がある本を持って来て、「多分、これじゃないか」と、なにげなくこの、やや手あかによごれた一冊の本を渡してくれた。彼の友人が以前買って、結構便利に使っている、という人名辞典であった。そして、そこに「田伯烈(ティンパーレー)」の名前が出ていたのである。

 たまたまコピーもなかったので、これはそっくり手書きで書き写した。
・・・「(訳文)ティエンパレー、ハロルド・ジョン・ティエンパレー、1898年生まれ。オーストラリア人、第一次大戦後中国に来る。ロイター通信の北京記者となる。その後マンチェスター・ガーディアンとAPの北京駐在記者を兼ねる。1937年盧溝橋事件後、国民党政府は彼を英米に向けて派遣し、宣伝工作に当らせ、次いで国民党中央宣伝部の顧問に任命した。編著に『中国に於ける日本人の恐怖』(1938年)一書がある」
 ついでに同じ本の中でエドガー・スノーの箇所も参考に見て、その内容の正確さを比べてみたが、スノーの部分は完璧といってもいい正確さであった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 10:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中の中国