2007年01月06日

左翼の戦争反対は嘘

真の反戦論者は保守主義者

 ご存知の稲垣武氏著「朝日新聞血風録」から、目にとまった部分を引用してみます。
inagaki.jpg

引用開始
 戦後長らく、左翼勢力が論壇の覇権を握った時期があり、そのために戦争に抵抗し反対したのは共産党をはじめとする社会主義者だったという説が支配的となった。確かに左翼の抵抗はあったし、そのために投獄されても節を曲げなかった共産党幹部らは信念を貫いた点で称賛に値する。しかし彼らはいわゆる帝国主義戦争に反対したのであって、戦争一般に反対したのではない。社会主義の祖国とされていたソ連の行う戦争には無条件で賛同していたのである。

 ゾルゲ事件で検挙された元朝日新聞東亜部記者の尾崎秀実は、近衛首相らに働きかけて、独ソ開戦後、陸軍に盛り上がったソ連侵攻論(北進論)を断念させ、英。仏。オランダなど宗主国の力が衰えた南方資源地帯を狙う南進論に傾くよう工作したと供述している。その南進論の結果生まれた仏印武力進駐が太平洋戦争の契機となったことを考えれば、尾崎は戦後喧伝されたように平和主義者でも何でもない。共産主義者として祖国ソ連を守り、世界の資本主義体制の崩壊を促進しようとして、日本と米英といった、彼らのいう帝国主義国相互の戦争へと日本を誘導しようと図ったのである。

 また弾圧を受けて転向した左翼は、雪崩を打って近衛新体制のイデオローグとなった『昭和研究会』に入会した。尾崎もこの主要なメンバーであった。
 『昭和研究会』は私が朝日新聞調査研究室報用の論文でも指摘した通り、転向左翼と革新官僚の奇妙なアマルガム(合金化)であった。そこから反・資本主義、反・自由経済体制、統制経済と挙国一致体制の推進による高度国防国家の建設、世界政策では英米本位の世界秩序であるヴェルサイユ・ワシントン体制を打破した大東亜共栄圏の樹立という、ナチス・ドイツばりの国家社会主義体制の理念が生まれたのも当然であった。
 また左翼転向者のなかには、身すぎ世すぎのために、言論統制の総合機関であった内閣情報局に入って検閲の使い走りをした者も少なくなかった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 反日マスコミ

2007年01月05日

南京維新政府

顧澄の「維新政府一周年に思う」から

 南京陥落翌年の1938年10月、南京に維新政府ができて約一周年をまとめた『維新政府初周年紀念冊』という本に掲載された顧澄という人の「維新政府一周年に思う」という興味深い小文が掲載されていましたので、鈴木明著「新『南京大虐殺のまぼろし』」から引用してみます。
newnankin.jpg

引用開始
 高冠吾が南京市長に就任した十月からの統計表が残っている。
 それによると「南京事件」の翌年に当る1938年10月末の南京市の人口は、329,488人、その他、日本人、3,950人(軍人を除く)、開いている商店、2,441戸、南京駅の乗降客数は、25,414名である。
 しかし、職を持たない「難民」の数はまだ5,751名にも上り、維新政府委員会の規定によって、大人一人、一日米四合、子供二合の配給をしているが、維新政府は経済的に非常に苦しいことを訴えている。何しろ税収が少なく、日本からの援助額も、限られたものだったからである。・・・

 教育部部長代理顧澄の文章は、その中でひときわ異彩を放っていて、心から僕を驚かせた。全文では長いので、その中心になっている部分を、ここでご紹介する。

 「蒋介石が政権を握ってから中国は一党独裁になり、親戚縁者を中心に集め、国民には酷税を課し、個人の道徳は低下した。その結果“西安事件”が起り、かつて、“反共”を掲げて天下をとった者が、一夜にして“容共”となったのである。そして戦争が起り、8・13(上海戦)の災いを呼ぶことになってしまった。
 考えてみれば、彼(蒋介石を指す、以下同じ)は中国と日本を比較して、その強弱の違いを知らないわけではなかった。ただ、いたずらに首領としての地位に未練を残し、西欧列強の助けを求めて、万一の勝ちに望みを託したのである。その結果、若き者は前線で命を落し、老幼弱者は荒野にさまよい、地に倒れた。
 これら若者、老幼弱者に何の罪があるというのだろうか。戦争というものは、はじめることは容易だが、収拾することは極めて困難である。
続きを読む
posted by 小楠 at 09:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2007年01月04日

百人斬りも大嘘

中国側の「上訴申弁書」

当時の朝日新聞の報道も見て下さい。

 多くの方がご存知の「百人斬り事件」についても、鈴木明著「新『南京大虐殺のまぼろし』」から引用してみます。
画像は陥落後の南京での治療活動 kanraku.jpg

引用開始
 ティンパーレーが書いた『戦争とは何か』の最後の部分には「南京での殺人競争」という項目があった。東京にいたアメリカ側検事官が、このことを見逃すはずはない。・・・
 この記事に関連した東京日日新聞の記者は、検事側事務官に呼ばれて事情聴取を受けたが、日本人記者は、「これは当時の“戦争において読者の戦意高揚をはかるため”に書いた記事で、私は当人から話はきいたが、その現場を見たわけではないし、すべて伝聞である」と答えた。・・・
 その上、「南京地方法院首席検察官」の陳光虞から送られてきた供述書にも、「百人斬り」の話は出ていなかった。

 どちらにしても、アメリカ当局はこの「百人斬り」については、「東京裁判」の本裁判では無論のこと、個人の犯罪を裁く「戦時法規を無視したC級裁判」としても、このことを立証し、有罪に持ち込むことは不可能であると判断し、起訴はしないことにした。
 これから数ヶ月経って、向井、野田両名に対して、中国側から「容疑者引渡し」の要求がきたのである。・・・・

 ただ、僕は「前作」の中で、奇蹟とも思える中国側の資料を、向井、野田両名の遺品の一つとして紹介した。・・・・これは内容からいっても文章からいっても、明らかに、弁護人崔培均が書いたものであり、「陳某」が日本語に翻訳したものである。・・・・
 以下は「上訴申弁書」本文を「現代日本語」に訳したものであり、カッコ内は鈴木の註である。

 「被告向井敏明と野田毅は、民国三十六年十二月十八日に、国防部審判軍事法廷で、死刑を即決されました。しかし、この判決に不服がございますので、左の通り上訴申弁書を提出致しますので、再審をお願い申し上げます。
続きを読む
posted by 小楠 at 10:02| Comment(8) | TrackBack(1) | 書棚の中の中国

2007年01月03日

ティンパーレーの正体

ティンパーレーは国民党中央宣伝部の顧問だった

 最近アメリカでいわゆる「南京大虐殺」の映画が製作されるというニュースがあり、未だに中国の大嘘を世界に蔓延させるという事態に、日本としても徹底して抗議をする必要を感じます。
当時の朝日新聞の報道も見て下さい。
鈴木明著「新『南京大虐殺のまぼろし』」から引用してみます。
写真は大虐殺真っ最中の南京の様子です。拡大可
kanraku01.jpg

引用開始
 ティンパーレー(田伯烈)の『外国人の見た日本軍の暴行』、この史料は「南京大虐殺」を語る上で、戦前から、特に中国では有名になった本といわれ、「東京裁判」でも、「南京難民区」の実状を語る証人に選ばれたのは、この本でティンパーレーに手紙を送った人たちであった。
 しかし何故か「東京裁判」にティンパーレーが呼ばれることはなかった。そればかりではなく、ティンパーレーがどのような人であるかは「マンチェスター・ガーディアンの記者である」という以外は全くわからず、僕はイギリス、アメリカ、オーストラリアの人名辞典を頼りに、ティンパーレーなる人物を探しまくったが、どの人名辞典にも「Timperley」の名はなかった。

 僕が、ティンパーレーの原著作と思われる『What war means : The Japanese terror in China 』と、その最初の中国語訳と思われる『外国人目睹中之日軍暴行』を初めて発見したのは、全くの偶然であった。・・・・
 何回目の中国旅行のときであったか、A君(中年のガイド役)はある日、七百頁ぐらいの『近代来華外国人名辞典』(中国社会科学出版社、1981年12月出版)の奥付がある本を持って来て、「多分、これじゃないか」と、なにげなくこの、やや手あかによごれた一冊の本を渡してくれた。彼の友人が以前買って、結構便利に使っている、という人名辞典であった。そして、そこに「田伯烈(ティンパーレー)」の名前が出ていたのである。

 たまたまコピーもなかったので、これはそっくり手書きで書き写した。
・・・「(訳文)ティエンパレー、ハロルド・ジョン・ティエンパレー、1898年生まれ。オーストラリア人、第一次大戦後中国に来る。ロイター通信の北京記者となる。その後マンチェスター・ガーディアンとAPの北京駐在記者を兼ねる。1937年盧溝橋事件後、国民党政府は彼を英米に向けて派遣し、宣伝工作に当らせ、次いで国民党中央宣伝部の顧問に任命した。編著に『中国に於ける日本人の恐怖』(1938年)一書がある」
 ついでに同じ本の中でエドガー・スノーの箇所も参考に見て、その内容の正確さを比べてみたが、スノーの部分は完璧といってもいい正確さであった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 10:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中の中国

2007年01月02日

ネット版人権擁護法案

くちべた日本人様からの情報です。
ネット言論の弾圧につながるこの法に反対の声を!!


よーめん様の掲示板より広めて欲しいとのことです:TBSがネット法案を運営する事が分かりました!

よーめん様の掲示板より,
http://6517.teacup.com/youmenipip/bbs?CID=87
下記の通り広めてほしいとのことでしたので引用いたします.

TBSがネット法案を運営する事が分かりました! 投稿者:妖面 投稿日: 1月 1日(月)01時47分7秒
[社団法人テレコムサービス]の会長はTBSの地方局の子会社の社長と言う事が分かりました!
ビヨヨ〜ン。つД`) タスケレ !!

ネット版人権擁護法案 香ばしい香りの流れ 分かりやすい一覧表

「ネット版人権擁護法案を管理する[社]テレコムセンター会長中尾氏は中核派と繋がりの深い富山大学卒」
     ↓
「その中尾氏は筑紫哲也が学長を勤める”森のゆめ市民大学”(富山)で副学長を務める」
     ↓
「中尾氏はさらに地元富山ではTBS系列のテレビ局も経営してる」
     ↓
「TBSと言えば昨年2ちやんねる有志らによるTBS免許剥奪デモなどでネットを嫌っている」
     ↓
「ネット版人権擁護法案はそのTBSの系列会社(チューリップテレビ)の社長中尾氏が会長をしているテレコムサービスが運営する」
     ↓
「つまりTBSがネット法案(ネット版人権擁護法案)を運営しているのと同じことになる」
     ↓
「最悪の結果が予想される」(;゚Д゚)

参考 極右評論
ネット規制 背後にTBS、毎日も
ttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
archives/51262120.html
仕組まれているネット規制 筑紫の名前も
ttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
archives/51261192.html
[社]テレコムサービス協会に電突 よーめんブログ
ttp://youmenipip.exblog.jp/4175299/

↑これらをコピペで広めてくだされ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

社団法人テレコムサービス協会 03−3597−1092
ttp://www.telesa.or.jp/

総務省03−5253−5111
ttp://www.soumu.go.jp/opinions/opinions.html
首相官邸 03-3581-0101
ttp://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

↑これらをコピペで広めてくだされ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

以下に再度チャンネル桜掲示板の本件に特に関係するスレッドを示しますので皆様にもぜひ起こし下さいませ.
(今回は新着順です)

★チャンネル桜掲示板の関係スレッド

【以下は利用登録者のみ書き込めます】
インターネット版“人権擁護法”が“施行”される!!
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8&order=DESC&start=0

【以下はどなたでも書き込めます】

インターネットにおける、思想、言論の自由を、絶対に守るために。
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=733&forum=1&order=DESC&start=0

TBS放送免許剥奪を陳情するため署名活動を始めました
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1051&forum=1&order=DESC&start=0
posted by 小楠 at 08:38| Comment(12) | TrackBack(0) | ネットネタから

2007年01月01日

本年もよろしく

新年おめでとうございます。

旧年中は拙ブログをご訪問頂き有難うございました。

本年も書棚の中からできるだけ多くの書籍をご紹介して

何らかでも皆様のお役に立てればと考えております。

新年が皆様にとって良き年となりますようお祈り申し上げます。

本年もまた、よろしくお願い申し上げます。

小楠
posted by 小楠 at 10:13| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本人の独り言