2014年01月24日

素晴らしい動画です。

お久しぶりです。
今回の都知事選は、このように本当に日本を憂える人が、自主的に動画まで作成して応援されています。
是非拡散して下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=0cP2bucjFVg

なんとしても、反日マスゴミを退治しましょう。
posted by 小楠 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットネタから

2012年09月27日

反日マスゴミ打倒

安倍新総裁誕生を祝福します。

今から真の日本国民は、朝日、毎日およびその系統の反日新聞の不買運動で、

これらを叩き潰す行動を起こしましょう。

そして安倍総裁と将来の安倍政権を徹底して支持しましょう。

彼ら反日マスゴミは戦前は鬼畜英米で戦争を煽り、敗戦後はGHQに尻尾を振ってきた敗戦利得者、

そして現在は支那共産党の代弁者となり下がった事大主義そのものです。

従軍慰安婦などとありもしないものを捏造し、靖国参拝を支那共産党に煽って問題にしたのも朝日です。

我々日本国民は、大多数のまともな国民に、日本の弱体化に奔走するこれらマスゴミとの徹底抗戦を開始す

べき時になりました。

一国民が出来ることは、反日マスゴミの不買、TVスポンサーへの抗議で、

これらマスゴミを壊滅に追い込むことです。

共感できる皆様、大々的な行動を起こしましょう。
posted by 小楠 at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚から真実を

2008年07月29日

祖国への帰還

いつもご覧頂いて有難うございます。夏季の間、更新をお休みさせて頂きます。また再開後もよろしくお願いします。

釈放そして祖国への帰還とモハンシン将軍の回想

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの最終抜粋です。
Forg21.jpg

引用開始
 五月初め、私は、釈放されて娑婆の空を仰いだ。その空気はほんとうに甘かった。五月二十六日、私はチャンギ―下番者二百名の輸送指揮官を承って、帰国の船路についた。全く冥土から、現世に奇跡の「回れ右」をする思いであった。六月二日、又見る日を思いあきらめていた祖国の佐世保に上陸した。リュック一個を背負って。でもその中には、シンガポールのIIL代表ゴーホー氏夫人が贈ってくれた時計とチョコレートと、煙草罐一杯のライターの石が忍ばせてあった。佐世保の街を通して見る祖国は、正視に堪えない惨めな姿ではあったが、矢張り、限りなく懐かしく、いとほしかった。慈母の懐のように。

 嗚呼! 私は生きて祖国の大地に両脚を踏まえることができた。しかも、あれ程の工作に部下の一人の戦犯犠牲者も出さずに。思えば、それもこれも、Fメンバー諸君や何十万現住民や俘虜の、INA将兵の功徳のお陰である。私は、生涯これを忘れてはならないのである。凡根を戒めつつ、報恩に心がけねばならぬと思う。

四十年前の私の回想・INA将軍モハンシン

・・・・ 最初に私が彼と会った時、彼の顔面は大きな希望で輝いていた。だが、最後に会った時の彼は、苛酷なまでの幻滅と悲哀、そして落胆にさいなまれた形相で、顔は止めどなくほとばしる涙で覆われていた。傑出した人物との出会いで、最初と最後の印象は、我々人生の中で忘れ難い重要なものである。私にとってこれらの印象は特に重要なもので、私の心の目にはいつも生き生きと残っている。・・・最初の印象は非常な楽しみと、うれしい驚き、最後の印象は強烈な悲壮と、いじらしい光景であった。・・・・・
 当時の我々は三十を僅かに過ぎた若輩で、横溢する愛国の熱意と冒険心をかかえ、光輝ある大戦のためには生死をかえりみず凡ゆる危険を冒す用意があった。我々両人の意気は、愛国の信念と計画、希望と計画、それに歴史的冒険の夢ではち切れんばかりに満ちていた。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 06:55| Comment(17) | TrackBack(5) | 書棚の中の人物

2008年07月25日

グローリアス・サクセス

英局長との会話

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はチャンドラ・ボース氏の軍刀を返還する筆者、左はボース氏の実兄S・Kボース氏
Forg20.jpg

引用開始
 十一月の初め、私は、厳重に手錠と捕縄をかけられた上、一個分隊のグルカ兵に物々しく警備されて、クアラルンプールの刑務所に転送された。施錠の手に、毛布に包んだ身の回りの品を持たされ、駅の待合室の土間に、しゃがませられ、現住民旅客の眼に晒し者にされた時の口惜しさは、得も云われぬものであった。
 この刑務所には、八百名の現地人囚人の中に、七十一名余りの日本軍戦犯容疑者が収容されていた。既に死刑の判決を受けた二名の獄友も含めて。憲兵と刑務所関係の司政官が主であった。チャンギ―と異なって、取り調べが終わり、容疑の晴れた者は、苦役を課せられたが、大部屋に収容せられ、食事の量は豊富であった。刑務所外の苦役(官舎の薪割り、椰子の実のガラ拾い等)は、娑婆に飢えている私達には、却って楽しかった。その上、留守のボーイやコックの同情から、白いパンや煙草にありつけることも、一同の人気を買った。自由を失った者には、こんなささやかな自由でも、その有難さが心に沁みるのである。自由に浸っている者には、自由の有難さ否自由を満喫していることさえも意識出来ないのではあるまいか。・・・・

 平穏な日々が続いて、年も改まり、三月を迎えた。帰国の好運を夢見ることが多くなった時、突然訊問の呼び出しがかかった。・・・・
 禿頭大柄の局長は、五十の坂を越していると見えた。意外に柔和な態度と口調で、マレイの探偵局長であることを告げた後、F機関の工作経緯について、三日間にわたって訊ねたいから、素直に答えてくれと前置きした。
 バンコック以来の工作経過、印度工作、サルタン工作、スマトラ工作、マレイ青年連盟工作、ハリマオ工作、華僑工作について克明な訊問が続いた。訊問の内容、態度から、戦犯容疑の追及が目的でないように察せられた。F工作が成功した原因、事由を掘り下げようとするもののようであった。現地人関係者やINA、IIL首脳との接触経緯や彼等の発言内容、彼等に対する私の人物評等を重視した訊問が多かった。マレイ探偵局或いは総督の植民政策の反省と今後の施策参考資料を狙っていると思われた。かく察した私は、和やかに、誠意をもって素直に応答した。
 最後の日、訊問が終わった後、思い入れる口調で「貴官の工作は、真にグローリアス・サクセスであった。敬意を表する。1942年の初めから、英当局は、貴官の工作を重視して、デリーに大規模の対抗機関を特設して、情報収集と対抗施策に活動した。・・・・・
 そしてややきびしい口調で、「貴官の詳細な応答は多とするが、なんとしても納得しかねる疑点がある。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月24日

チャンギ―刑務所

復讐の鬼ワイルド大佐

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。

引用開始
 シンガポール島の東岸に、施設されているこの刑務所ほど、騎士道と武士道を誇る東西両文明国民が、怨讐をむき出しに応酬した場はないであろう。・・・・
 凶悪犯人を護送する物々しさで、私が、この獄門を潜らされた時、三千名を越すわが将兵や軍属が、ABC数個のブロックに区分されて収監されていた。私は洗いざらしの、半そで、半パンツの獄衣、裸足の惨めな姿に変えられた。獄衣の背番号はPCW(戦犯容疑者)六千代であった。
 刑務所の有様は、さながら地獄の涯、賽の河原を思わせるものであった。畜生を扱うに等しい警備兵の仕打ち、飢餓ぎりぎりの乏しい粗食、陰険苛烈な訊問、神の裁きを詐称する前時代的な復讐裁判、獄の一角で次々と執行される絞首刑等、陰惨を極めた。将兵は骨皮同然に痩せさらばえ、渋紙のように陽焼けし憔悴していた。明日をも計り難い己の運命、くずれ去ったわが陸海軍、破れ果てた焦土の祖国、安否の程も知り難い肉親を思って懊悩していた。

 私は幸に、承詔必勤、一億総ざんげ、石をかじり、木の根を喰んでも、占領下の苦痛に堪え抜いて、国土の再建を期していた終戦直後の祖国と同胞を知っていた。(その後、あさましく変貌したが)そして、四億民衆を挙る印度のすさまじい独立抗争やINA将士の剛毅な闘魂を、レッドフォートで見聞してきた。その上、印度を初め東南亜諸民族独立必至の機運と彼等の日本に対する感謝と理解と親近の情を皮膚に感得してきた。・・・・
 私は一年有余を、この刑務所とクアラルンプールの刑務所に過ごした。この間、三百名に近い先輩や僚友が、獄門に下り、絞首台に上った。・・・
 読者は、山下、パーシバル両将軍降伏談判の寧真を見て頂きたい。そのパーシバル将軍につき添って、通訳を努めている白ルの青年参謀が、ワイルド少佐―終戦時大佐に昇任―である。
 大佐は、戦前日本に駐在した経歴がある武官で、日本語を解する俊秀である。降服とともに俘虜の身となり、戦友英豪兵とともに、日本軍に駆り立てられて、映画「戦場に架ける橋」で有名な泰緬鉄道の工事に駆使せられ、日本軍に対して骨髄に徹する恨みを抱いた一人であった。その大佐が、この地区の日本軍に対する戦犯追及の立役者になっていたのである。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月22日

印度独立前夜

英印度海軍乗組員の一斉反乱

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真はNHK特別番組「進めデリーへ」よりINA将校を裁く英軍事法廷シーン。この裁判を契機に印度の独立運動は一気に燃え上がった。
Forg18.jpg

引用開始
 英本国政府は、事態のいよいよ重大な発展を憂慮し、リチャード氏を団長とする下院議員団を印度に派遣して、英帝国の進退に資する現地調査に当たらせた。
 しかし英帝国の面目上、この軍事裁判を直ちに中止することはむつかしかった。単に面目だけでなく、中止は却って勝に乗ずる印度民衆の政治要求を激化する懸念もあった。印度側の目的は独立であって、INA裁判の中止はその闘争戦略だからである。英当局のINA裁判の取扱はいよいよ厄介千万な難題となった。
 オーヒンレック総司令官は、改めて声明を出した。「INA将兵の英皇帝に対する反逆は以後問責しない。拷問、殺人の非人道行為のみについて問責する。その数は少数に止まる」と。これをもって印度民衆の反抗を静め、軍事裁判を、英帝国の面目を最小限つくろいながら、早く打ち切りたいと意図したものと思われた。しかしその期待は、またまた甘かった。英帝国は、更に痛烈な反撃を喰う結果となった。
 二月十一日、第二回軍事裁判の判決が下された。反逆罪を不問に付し、暴行罪だけを取り上げ、被告アブドール・ラシード憲兵少佐に七年の刑を判決した。
 この報に接した印度民衆の憤激は再び爆発した。十二日、先ずカルカッタにおいて、抗議のデモが開始され、全市のゼネストに発展した。警官隊の発砲によって、死者十九名、負傷者二百数名を出し、二十六日に至ってようやく平静に帰した。
 その騒動が収まりかけていた二月二十一日のことである。英帝国印度統治史上、未聞の大不祥事が勃発、英当局の心胆を奪った。すなわち、英海軍の一部である印度海軍乗組員の一斉反乱がそれである。ボンベイ、カラチ、カルカッタ港に凱旋帰投した印度海軍乗組員の印度人将兵が呼応し決起したのである。
 ボンベイにおいては、ゴットフリー提督の旗艦ナバタ号を初め二十隻に上る艦船を反乱軍将兵が押さえてしまった。その上同港基地の兵器庫まで占拠する始末となった。カラチでも、旗艦ヒンドスタン号が、反乱軍に押さえられた。
 何れも占拠艦船の艦砲に砲弾を装填して、もし英当局が武力弾圧に出れば、直ちに全艦砲撃をもって酬ゆると宣言した。これがため、英当局は手も足も出せない羽目となった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月18日

隷属民族は闘う権利あり

INA軍事裁判の逆効果

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真は第一回インパール戦没戦友遺骨収集に参加してモイラン村民から熱烈な歓迎を受ける筆者(中央)後方の建物はもとINA情報本部が置かれていた。(昭和27)
Forg17.jpg

引用開始
 第一回INA軍事裁判の進展にともなって、印度民衆の反英独立抗争は、業火のように全印度に燃えさかり、激しさを加えた。印度は猛り狂う巨象の形相に変わった。英帝国が印度支配の再強化を狙って始めた軍事裁判であったが、その裁判が逆に、英帝国二百年にわたる印度支配の罪業を裁き、その支配に終止符の引導をわたす形勢に発展した。
 反英抗争は、大衆の全国的抗議暴動、議会における糾弾、新聞、集会を動員しての宣伝を背景として、水も漏らさぬ周到巧妙なはげしい法廷闘争によって押し進められた。
 信仰と種族、階層と言語、政党政派、軍民一切の相違を超え、四億の印度民族が、その全知全能全精力をふりしぼって、火の玉となって決起進撃するこの図は、史上稀有の光景であった。正に民族の運命をこの一戦に賭けんとする民族の綜合大戦争というべきものである。

 大衆の抗議運動は、裁判開始の十一月五日、デリー、カルカッタ、ラホール、マドラス等の主要都市に烽火を挙げた。この日、ネタージ・ボースの生誕地カルカッタでは、十万の大衆が手に手に「INA愛国の英雄を救え」「INAの裁判を即時中止し釈放せよ」「英人は印度から即時去れ」「印度の統治権を印度人に返せ」と檄したプラカードを掲げ、大デモ行進を展開した。随所に、警官隊と衝突、流血の惨事を繰り広げた。マドラスでも多数の死傷者を出す騒ぎとなった。
 英国は、未だこの騒然たる情勢の本質と帰趨を見抜くことが出来なかったのか。翌六日に「目下監禁中のINA将士の中から首謀者四百名を、向こう六カ月間に裁判に付す予定である」と、強気の発表を行った。この発表が、ますます印度民衆の怒りをあおった。大衆の抗議デモはいよいよ激化してゼネスト、暴動に発展して行った。・・・・
 デリーのデモは、特別警戒地帯に指定され、警戒最も厳重な、このレッドフォートに殺到した。天空を画する城壁の外側に、喊声が、押し寄せる高潮のように、どよめき迫ってきた。何万の民衆の怒りをこめて。城内に拘禁されているINA将士も、私達も、固唾を呑んで、その成り行きに全神経を尖らせる。喊声が一段と高まり、近づいたと思う途端、ダダッ、ダダッ、と連発の銃声が城壁にこだました。血を見て群衆の怒りが爆発したのか、喊声はウォーと怒号のはげしさに変わった。息詰まる緊張が城内を圧する。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物

2008年07月15日

英国の印度政策の誤謬

印度独立の契機を与えた日本

 ご存知の方には興味深い本ではないでしょうか。インド独立とは切っても切れない人物・藤原機関のご本人(明治四十一年生れ)の著です。
 表題は「F機関」副題として「インド独立に賭けた大本営参謀の記録」となっています。日本がアジア諸国の白人支配からの独立にいかに大きな役割を果たしたかが詳しく解るでしょう。今回も、その第二部の内容をご紹介して行きます、同じく昭和六十(1985)年初版の本からの抜粋です。
写真は日本軍に協力してインパール作戦にあたったINAのシャヌワース連隊長
Forg16.jpg

引用開始
 元英印軍出身INA将兵一万九千五百名の処置は、英帝国戦後処理の最も重要かつ難題の一つとなった。戦後の印度統治の成否を左右する大問題であった。1857年サボイ反乱以後の不祥事であった。殊にその処置の当否は、英帝国印度統治の番犬、英印軍内印度人将兵の対英忠誠心に決定的影響を及ぼすことが予想されるだけに、いよいよ重大であった。
 英帝国は、INA反逆将兵を軍事裁判にかけて、厳刑に処することによって、英帝国の権威を誇示し、印度民衆特に、英印軍印度人将兵に対する見せしめにして、印度支配を揺るぎないものにしよう、それができると考えた。
 この決定は、事志と反対の結果を巻き起こすこととなった。・・・

 戦後トインビーやラティモアが指摘した大東亜戦争の史的意義と歴史の必然を予見し得なかったのであろうか。流石の英帝国も、戦勝の驕りと、飼犬と心得た将兵の反逆に対する憤怒のために。
 ガンヂー、ネールを初め、印度国民会議派の領袖は、英帝国の、この誤判を見逃さなかった。現英印軍印度人将兵と血縁、或いは知己の関係にあるINA将兵二万を厳刑に処せんとする軍事裁判こそ、英印軍印度人将兵を会議派側に獲得し、又これを利用して全印度民衆を反英独立運動に動員結集して、独立運動に決定的成功を収める天与の好機と読んだのである。あの抜け目のない英帝国が、正に会議派の思う壺にはまった形となったのである。
 そこで、会議派は逸早く、裁判の公開と会議派の弁護権を要求した。早くも九月十四日、ブーナにおいて、会議派執行委員会を開催、「INA将兵は印度独立のため戦った愛国者であり、即時解放さるべきである」との決議を採択し、これを宣言した。次いで会議派は、その長老の一人で、名弁護士として聞こえたフラバイ・デサイ博士を首席弁護士に挙げ、会議派指導層の中から、錚々たる一流弁護士を選りすぐって、大弁護団を編成した。そして先ず、印度民衆特に英印軍内印度人将兵に対して、会議派挙げての啓蒙宣伝と大衆動員を開始したのである。私達証人は、この弁護団が喚問したものであった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物